ゴルフをするのに最適なメガネの特徴

紫外線対策や汗に強く錆びにくい物を選ぼう

ゴルフをしていてショットを打つとき、メガネがずり落ちてしまったり、視野が狭くてプレーに集中できずにいる人は少なくありません。ゴルフをしている時には普段使っているメガネではなく、スポーツに最適なメガネを選ぶことが必要です。
第一に直射日光の下、日差しと戦いながらプレーすることが多いといいます。そのため、紫外線対策に最適となっているレンズやフレームを選びましょう。日常生活でも併用できるメガネフレームやグラスは多く存在しています。度つきのレンズを入れてフィット感が高く、汗に強くさびにくいフレームを選ぶといいでしょう。サングラスにもできるフレームは複数存在しているため、丈夫なフレームで紫外線や目を保護しやすいレンズを入れることが望ましいといわれています。

プロの使用するアイテムを参考にする

度数が強い人や乱視の傾向がある人にも安心して使えるのが、両面非球面設計と呼ばれるレンズを使ったメガネを利用することです。視野が今までよりもはるかに広がり、グラスが使いやすいといいます。 ゴルフが上手な人にとって、プロゴルファーが使っているフレームやレンズは参考としやすいでしょう。顔の形にフィットするように計算されて作られているフレームや、顔の横まで届くレンズが特徴的な、プロゴルファー愛用のサングラスもあります。度入りのサングラスを作ることも可能となっているため、目に負担をかけずに長時間プレイしたい人向けといわれています。どんな物が自分に向いているのか、メガネ店やゴルフ用品店で相談して探す参考にしてください。

昔は殆どの人がめがねを掛けずに一生を終えていたと思います。しかし年々掛けている人が増えている様に思います。スマートフォンの流通による影響でしょうか、私の家族も全員掛けています。